催眠療法のコピー.png

トップ > マインド・サイエンス独自の催眠療法

マインド・サイエンスで行っている独自の催眠療法を試してみて下さい!!
諦めかけていたどのような心の問題でも、改善させるチャンス!!と捉えて下さい。
人の心は、脳の活動によって生み出されています。
脳に適切に働きかけるマインド・サイエンス独自の催眠療法は、あなたの心を変えることができるのです!!


上の画像をクリックして、画像ごとのサイトを訪れて下さい!!



催眠療法催眠療法人は、催眠状態になると、普段の意識状態に変化が起きて暗示の影響を受けやすくなります。催眠感受性といって、人によってどこまで深い催眠状態に入るかという個人差はあります。しかしながら、少なくともトラウマを解消するのに必要なレベルにまでの催眠状態には誰でも入ることができます。  さらに詳しく≫≫≫
催眠状態とは無意識の脳領域が活性化している状態で、脳の大脳辺縁系(視床下部や扁桃体、海馬などを中心としている領域全体)に変化を作り出している状態なのです。
それゆえに、トラウマの座でもある脳の大脳辺縁系に働きかける催眠でこの領域を修復することが出来ます。



前頭葉と辺縁系.psd人の脳の働きには、大脳辺縁系と呼ばれる無意識の領域ともうひとつ大脳皮質の前頭前野という意識している領域があります。私たちの脳は、生まれた直後から多くのことを学習し記憶した全ての経験によって多くの判断を行ったり人間らしく個人の個性を表現したりしています。前頭前野は意識的に理性的な思考と判断を下す脳領域です。また、ほとんどの情動は、大脳辺縁系の機能によって無意識的に処理されます。
心の病からくる諸症状を治すには、これら二つの脳領域の働きを修正する必要があります。
認知の修正をはじめとする様々な調整と情報を与えるためには理性の働きの脳の部位に適切な心理療法が必要となり情動反応の修正には、無意識領域の大脳辺縁系に働きかける催眠療法が必要であり、理想的です。



催眠状態.jpg催眠状態.jpg自己催眠のテクニックを学ぶことは、人生に貴重なものです。そして、身に付けたそのテクニックを多いに活用して欲しいと思っています。自己催眠の活用は、自ら催眠状態を作り出した後に、どのような内容を自己の無意識に働きかけるかによって、価値が決まります。もしまだあなたが暗示や心の本質が十分に分かっていないとすれば、より高い効果や価値を生み出すために、「自分洗脳のすすめ」をご活用下さい。
自己の無意識(潜在意識)に働きかけることができる本当の技術と知識を身につけましょう。 さらに詳しく ≫≫≫

bars.png

バナー:@&TEL.psdバナー:@&TEL.psd

諦めないで!!.psd諦めないで!!.psd

MSfacebookページ.psdMSfacebookページ.psd